SMBデジタルマーケティング

中小企業のwebマーケティング活用!マーケティングリサーチとしてのオンライン広告

商品やサービスを、もっと戦略的に販売していきたいけれど、どういう層が見込みがあるのかわからない・・。どうやって調べたらいいんだろう?と思うことってあると思います。

そんなときに、マーケティングリサーチとしてオンライン広告を使ってみるのはいかがでしょうか?

10万円くらいでも、示唆を得られることは多いので、予算規模が小さいときにもおすすめです。

弊社も、いろいろ考えてwebサイトの更新や、サービスページの改善をしていっているのですが、「実際に」どういう反応が得られるのか?を知ることが出来るのは、やはりとても大切です。

ただ、「調査」として実施をしていくので、実際に実施する前に、「何を知りたいのか」という目的を明確にしてから行いましょう。

ターゲットが定まっていて、どのサービスに注力すべきか決めたい場合

そんなときは、1つターゲットセグメントを作って、そのターゲットに対して、複数のサービスの広告を出してみましょう。

ターゲットセグメント①

  • 商品A広告
  • 商品B広告
  • 商品C広告

こういうイメージですね。

ターゲットにしたいユーザーはどのサービスに興味があるのか?をクリック数や申し込み数などで見ていきましょう。

もしポテンシャルを見たいのであれば、クリック数で判断しても良いでしょう。「表示がされた時に、クリックした」っていうのは、興味を持ってくれる可能性が高いと考えられます。

商品の魅力を伝える言葉・訴求はどんなものがいいのかを知りたい

上記を実際したときにクリック数が多かったとすると、「商品A」をポテンシャルがありそうだと判断して、次に考えるべきは、商品Aの魅力をどう言ったら伝えられるか?です。

では、商品Aの訴求ポイントをいろいろ考えてみましょう

  • 効果
  • 機能面
  • 使い心地
  • 人気・実績
  • それがあることによる「未来」

そうなると調査設計としては、

ターゲットセグメント①

  • 商品A「効果」広告
  • 商品A「機能」広告
  • 商品A「使い心地」広告

という風なイメージですね。今回は、どういう訴求だと買ってくれそうなのか?を判断したいので、申し込み数(=CV数)、次点でクリック数で判断すると良いでしょう。

この結果を得られたら、例えば同じ「効果面」を伝えるにも、写真や言葉など、どういう風に効果を伝えるといいのか?というようにさらに訴求を磨いていきます。

オンライン広告はアカウントを開けば誰でも始められるので、とても実行しやすいのが良い点です。

WEBサイトの見直しをしましょう

このようにオンライン広告を使って、ターゲットや注力商品、訴求メッセージが定まってきたら、さらにWEBサイトの見直しや改善も行いましょう。

  • 商品ページには、今回の調査で得られたような訴求メッセージがきちんと書かれているでしょうか?
  • ターゲットが好ましく思いそうな写真になっているでしょうか?
  • ブログページなどには、商品Aに関することは書かれているでしょうか?
  • Facebookページでの投稿なども、上記から得られたことを書いてみましょう。

そして、このようなやり方でオンライン広告を改善していくと、CTRやCVRも改善していきます。PDCAを回しながら改善をしていく「運用型広告」ならではの特長ですね。

sembearでは、ターゲットの策定・調査設計・実施後の効果測定までの一連を、マーケ実務者がご自分で回していけるようになるサポートサービスをしています!ご相談は、お気軽に!お待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です