SMBTapClicksデジタルマーケティング

中小企業のWebマーケティング担当者が知っておくべきサービス9選!

このような記事が果たして需要があるのか、少し悩みどころではありますが、まず持っておくべき道具がなければ始まらないのも事実ですし、完全に主観ですがおすすめのサービス群をまとめておきます。

Google Search Console

Google Search Consoleは自社のサイトがGoogleにどのように登録されているのかを確認できつツールです。また新たにページを作ったときにGoogleへの登録を促すことが可能な「サイトマップ」の送信もできます。

実際に使いだすと自社のホームページが表示されたときのキーワードや順位を確認することができますし、これがないと自社ホームページがどれくらい検索で表示されているのか、どういうキーワードで表示させるべきなのかを考えることは難しいと思います。

Googleアナリティクス

こちらも必須ですね。自社のホームページにどこから来たのか、どのページが見られているのかを確認しなければ、改善もへったくれもありません。

実際のところGoogleアナリティクスは非常に高機能なツールですし、カスタマイズすればすごく高度なこともできます。

ただ、導入でミスをしている方も非常に多いのがGoogle Analyticsの怖いところです。ミスがあっても数字が出てくるのでミスをしたまま使っている人も多くいます。不安になったらプロに相談しておきましょう!

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、特に店舗を持っている人におすすめ(というかもはや必須)のサービスです。

Googleマイビジネス(以下GMB)を活用すると、自社に関係のある検索やGoogle Map上で自社の店舗情報をハイライトして表示することができます。

GMBの使えるところはそのレポートです。何回電話番号がクリックされたのか、経路検索のときの出発点はどこが多いのか、など実店舗への来訪に関する各種データを取得することができます。

facebookページ

facebookページはfacebookを使っているユーザーに自社のことを知ってもらう、または自社の顧客に対しての情報発信に使えます。

自社の最新情報を投稿することで、facebookを使っている人に見てもらうことも可能になりますし、店舗情報を記載することで店舗への来訪を促すことも可能です。

facebookページの場合写真とテキストの組み合わせで投稿ができるので、どんな投稿が効果的だったのかのテストも可能ですし、効果改善に取り組むこともできます。

Instagramアカウント

Instagramアカウントは写真でユーザーを引き付けたい場合に非常に有効です。facebookやGoogleと比べても女性や若年層が多い傾向があり、ビジュアルのインパクトが重要な美容室、ネイルサロンなどはもちろん、リフォームや家具などのインテリア業界でも活用が進んでいます。

写真自体はスマートフォンで撮影したものを元に、加工もできるので、自社の商材が向いているのであれば最初に活用をしてみてもいいかもしれません。

Twitterアカウント

自社でTwitterアカウントを取ることで、Twitterのユーザーに対してアピールすることができます。こちらも新規顧客、既存顧客両方に対して発信することができますが、やはり写真と画像を両方使って投稿できるメリットを生かしたいところです。

利用者としてはやや若年層が多い傾向があり、facebookよりも気軽に使うユーザーが多い印象もあります。アクティブに情報発信をする上では欠かせないサービスですね。

少し慣れてきたら:Canva

CanvaはfacebookやInstagram、Twitterに投稿すると時の画像にこだわりたい方向けのサービスです。無料プランでもそこそこ奇麗な画像を作ることができますし、テンプレートも豊富にあるので、自社にぴったりの画像を作ることもできます。弊社でもいくつかの画像はCanvaを使って作っていますよ!

少し慣れてきたら:Hootsuite

HootsuiteはTwitter、Facebook、Instagramなど「投稿」をするメディア(いわゆるソーシャルメディア:SNSともいいますね)をまとめることができるツールです。無料版でもTwitter、facebook、Instagramは管理できますし、なにより一括で投稿できるので非常に便利なツールです。こちらも弊社が使っているツールになります!

ちょっと上級者向け:Smartレポーティング!

すみません!最後に弊社サービスのご紹介です。Googleマイビジネス、Google Search Console、Google Analytics、facebookページ、Instagramアカウント、Twitterアカウントとご紹介しましたが、これらは全部別々のツールです。別々なので、それぞれの効果を見る時にはそれぞれにログインしなければなりませんし、数字の表記もバラバラになります。

sembearのSmartレポーティングなら、散らばっている数字を全て一か所にまとめてわかりやすいグラフで表示します!投稿内容の何が良かったのか悪かったのか、先週と比べて今週はどれくらいサイトに訪問があるのか、数字で把握することで改善を進めていくことができます。

せっかくデジタルマーケティングを活用しているのなら、やっぱり改善には取り組みたいですよね!是非ご相談くださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です